不動産投資の始め方について

不動産購入の手順

現物の不動産投資のために購入しようとする不動産の調査や選定を行った後、いよいよ不動産の購入手続きとなります。 一般的に不動産売買には、買主・売主それぞれに一社ずつ不動産会社がつきます。 不動産購入の手続きは次・・・不動産購入の手順

不動産購入にかかる諸費用

不動産投資にあたって不動産を購入する場合、不動産の購入に必要な費用は現物以外にも諸費用が必要となります。 新築の場合、取得価格の5~7%、中古物件の場合は7~12%程度必要です。 不動産購入の際には、この諸費・・・不動産購入にかかる諸費用

不動産投資信託

証券化された不動産投資は、大きな売却益は期待できませんが、長期に渡って賃料収入を得るには適しています。 現物での不動産投資とは違い、少額で不動産投資を行うことができて、市場で売買できる流動化の高い投資商品の1・・・不動産投資信託

不動産登記について

現物の不動産投資を行うにあたっては、不動産登記が必要となります。 土地や建物には、人の戸籍と同じように土地や建物の概要に関する地籍(土地の所属)などがあります。 法務局には、土地登記簿、建物登記簿や付属地図が・・・不動産登記について

不動産投資の特徴とリスク

不動産投資には、現物による不動産投資、小口化投資、証券化投資に分類されます。 現物による不動産投資は、マンションを購入して賃貸する、保有する土地に賃貸アパートを建築する、賃貸マンションの購入など、直接不動産に・・・不動産投資の特徴とリスク

土地の有効活用の方法 その1

不動産投資として保有する土地をどのように有効活用するかを考える場合、いくつかの選択肢があります。 自己建設方式の場合は、土地保有者自身が計画を立て、建設を発注し、完成後の建物に関する管理・運営を行います。 適・・・土地の有効活用の方法 その1

不動産の有効活用の目的

不動産投資は、不動産の有効活用の1つです。 不動産の有効活用には、安定収入を得る、収入の増加や相続税の軽減など下記の様に、様々な目的があります。 ・居住目的 豊かで安心のできる暮らしのための住宅建設など。 ・・・・不動産の有効活用の目的

不動産とは

不動産は、人が生活する基礎となるものです。 不動産は、立地や交通条件が良い優良物件であれば不動産の価格が低迷していても、その賃貸料金は急激には下がりません。 そのため、価格が低迷している間に不動産を購入し、不・・・不動産とは

建物の耐震について

日本は地震の多い国なので、地震による建物の倒壊を防ぐため、建築基準法により耐震基準が定められています。 大地震のたびに改正され、現在は、1978年の宮城県沖地震の被害を受けて1981年に設定された震度6でも倒・・・建物の耐震について

区分所有法

不動産投資でマンションの1室を借りて賃貸する場合には、区分所有法も忘れてはならない法律です。 マンションなど1棟の建物には独立して複数の住居や店舗があり、それらは各々所有権を持っています。 この建物に対する、・・・区分所有法

ノンリコースローン

不動産投資においてノンリコースローンが注目されています。 アメリカの住宅ローンは全てノンリコースローン(非遡及型融資)です。 反対に、一般的に日本の住宅ローンはリコースローン(遡及型融資)です。 ノンリコース・・・ノンリコースローン

建物の維持管理

不動産投資としてマンション経営などを行う場合には、賃料徴収などの運営管理だけでなく、安全に長く居住できるように建物の維持管理にも注意が必要となります。 建物の維持管理には、設備管理、清掃、維持、修繕などがあり・・・建物の維持管理

土地の有効活用の方法 その2

不動産投資としての土地の有効活用方法には、いくつかの種類があります。 ここでは、等価交換方式と定期借地権方式を説明しましょう。 ・等価交換方式 保有している土地に不動産開発業者などが建物を建築し、完成後に土地・・・土地の有効活用の方法 その2

道路関係による建築制限

現物の不動産投資を行う際には、様々な建築制限を遵守しなければなりません。 その制限の1つには、道路関係による建築制限があります。 建築基準法では、都市計画区域・準都市計画区域内で道路と敷地との関係に関する制限・・・道路関係による建築制限

用途地域

現物の不動産投資で知っておかなければならない用語の1つに用途地域があります。 市街化区域に定めることになっている用途地域は12種類あり、それぞれの用途地域で建築できる・できない建物などの用途制限が定められてい・・・用途地域

建築基準法

不動産投資を行う上で、重要な法令の1つが建築基準法です。 建築基準法では、建築物の敷地、構造、用途などの最低基準を定めています。 全国の建築物に対する単体規定と、原則として都市計画区域・準都市計画区域内で適用・・・建築基準法

建ぺい率・容積率

現物の不動産投資を始めると、聞き慣れない不動産用語に多く接することになります。 建ぺい率や容積率などは、物件を検討するうえで必要となるだけでなく、これから建築する際にも基本となる不動産用語です。 ・建ぺい率 ・・・建ぺい率・容積率

中国の不動産バブル

中国では、国有企業が社員に住宅を提供する住宅配給制度が採られていました。 しかし、1990年に法制度が改正され、個人による住宅取得が可能になりました。 その結果、北京や上海、広州などの大都市を中心とする不動産・・・中国の不動産バブル

サブプライムローン

不動産投資を行うにあたって、サブプライムローン問題について頭をよぎる人も少なくないはずです。 不動産投資に関する知識として、サブプライムローン問題とは何なのかを知っておきましょう。 2008年はアメリカのサブ・・・サブプライムローン

瑕疵担保責任

不動産の売買契約が終了し、無事物件の引き渡しが済んでも、その物件から雨漏りや、シロアリの被害で土台が痛んでいた、などの欠陥が見つかることがあります。 このような欠陥のことを民法では、瑕疵(かし)と言います。 ・・・瑕疵担保責任

不動産売買契約の特約について

民法では、契約後の引渡し前に土地・建物は、地震や火災など不可抗力で消滅しても、買主は代金を支払う義務があります。 この義務のことを危険負担と言います。 しかし、不動産は契約と実際の引渡しの間に数ヶ月期間がある・・・不動産売買契約の特約について

不動産契約の手付金

不動産の売買契約時には買主から売主へ手付金を渡します。 この手付けは、契約の際に買主から売主に渡す金銭などを指します。 民法には証約手付・解約手付・違約手付の3つがあり、不動産売買での手付金は特約がない限り、・・・不動産契約の手付金